吹き出物とニキビの違い

学生時代にニキビに悩む方は多いものです。
思春期はホルモンバランスの変化が激しく、女子でも男性ホルモンが一時的に多くなることもあります。
こうしたホルモンの乱れが、皮脂を過剰に分泌し、ニキビができやすくなるのです。
こうしたホルモンの乱れは、思春期を過ぎるころには落ち着くため、ニキビも10代のうちに落ち着く方がほとんどです。

一方で、20代以降のニキビのことを、吹き出物を言います。
最近では大人ニキビという呼び方をすることも多いです。
ニキビとは違い、ストレスや生活の乱れが原因です。
できる場所にも違いがあります。
思春期のニキビは皮脂分泌に関係することからTゾーンに多いのに対し、吹き出物はあごや口のまわりといったフェイスゾーンに多くなりがちです。

また、吹き出物は繰り返すといわれています。
吹き出物の原因にはストレスなどがかかわることは先述しました。
ストレスをすべて取り除くのが理想ですが、現実はなかなかそうもいきません。
また、原因がひとつではなく、複数であることが多いため、悪化することも多く、なかなか完治しにくい特徴があります。
同じ場所にできることも多いですし、治ったと思ったら別の場所にできることもあります。
なるべく生活リズムを整え、食生活に気をつけるなど、からだの内側に目を向けると改善の兆しが見えてきます。